任意整理とは?

 任意整理とは、債権者から提出された取引履歴を利息制限法に基づいて計算し直し、債務の額が確定したところで、債権者に対してその債務を36〜60回の分割払いで返済していく手続きです。原則は、未払い利息将来利息をカットした額を基に和解をします(つまり、元本だけを返済していきます)が、最近、分割での返済の場合は将来利息を付けないと和解に応じない債権者もでてきています。
 裁判所を介さない手続きですので、手続きにかかる期間は2〜4ヶ月と短いことが多いです。
   

    〈 例 〉相談時の残債務額         200万円
        
月々の返済額              9万円
      
        
引直し後の残債務額        120万円
        和解後の月々の返済額        3万円(40回払い)

※こちらはあくまで一例です。取引期間や返済の仕方で減額される額もまちまちです。
ただ、利息が20%を超えた条件で返済をしている場合はほとんどの場合、債務は減ります。

 

                                   →債務が減る仕組みは
                                 過払い請求のコーナーへ

▲このページのトップに戻る