相続登記の手続きの流れ

相続登記をご依頼いただく場合の流れです。

@面談
   お電話でご予約をいれていただきます。このとき、ご用意頂きたいものは、土地・
  建物の権利書と固定資産税の通知書です。こちらをご用意頂けましたら、大体ど
  れくらいの費用がかかるのか、お見積もり致します。
 

A戸籍等の必要書類の収集 
   戸籍・住民票はこちらで収集することができますので、ご相談下さい。費用を抑え
  たいということでしたら、お客様に揃えて頂くことをお勧めします。   
 

B遺産分割協議書・相続関係説明図の作成
   相続人の全員による協議で誰がどの財産を相続するのか、協議をしていただき、
  その内容に沿った遺産分割協議書を作成します。遺言書がある場合は、遺産分割
  協議は必要ありません。
 

C法定相続人全員の遺産分割協議書への署名・実印の押印
 遺言書がある場合は必要ありません。
 

D登記申請
 法務局の混み具合にもよりますが、1週間ほどで登記は完了します。

相続登記の必要書類

    【被相続人(亡くなった人)の方に関する書類】

@出生から死亡までの被相続人の記載のある全ての戸籍、除籍、
  改製原戸籍等の謄本

A住民票の除票(本籍の記載があるもの)


    【相続人の方に関する書類】

B法定相続人全員の現在戸籍の抄本(謄本でも可)

C相続する方(不動産の名義人となる人)の住民票

D法定相続人全員の印鑑証明書

E固定資産評価額証明書


※全て各1通必要となります。なお、戸籍謄本を取得される際、同じものが重複する場合は1通で結構です(例えば@の一部とB、AとCが重複するケースがあります)。
 遠方の戸籍については、こちらで取得することも出来ます。ご不明な点等ございましたら、お気軽にご相談下さい。

▲このページのトップに戻る